■探偵業法Q2


Q.『探偵業法』が出来ればどうなりますか?

A.
@いくつかのルールが定められますが、その最も大きな改革として、『届出制』が導入されます。

今までは『たくさんの電話回線を転送させ、多くの支店や拠点が存在しているかのように装う』『一つの会社が複数の名称を使用する』というケースも見受けられ、探偵社が日本に何社あるか警察でさえ把握できない状況でした。

そこで、本店であれ支店であれ営業所毎に届出をさせ、業界の実態把握ができるようになりました。
その点、ガルエージェンシーグループの事務所は全て存在していますから安心です。

A重要な点としてもう一つ、探偵業者に『従業員の教育義務』が課せられます。

これまでは、スポーツ新聞の三行広告などで集めた素人を調査に使い、高い料金を払わせる探偵社もいました。
素人調査員は技術が低いのはもちろん、守秘義務さえ守れないこともあるのです。

ガルエージェンシーでは全国に探偵学校を配し、専門の教育を受けた者しか現場には出れません。


探偵業法とガルの歩みへ戻る。

行方不明・家出・失踪トップへ戻る。