■家出人捜索願の出し方など


「家出人捜索願」は、家族またはそれに類する人しか出すことは出来ません。
なので、「友人が居なくなった」「お金を貸した相手が姿を消した」という場合は受理されません。
家出人には一般家出人と特殊家出人があり、殺人や誘拐などの事件性がある・自殺の恐れがある・幼児や痴呆の老人などは特殊家出人になります。
一般家出人は事件性が低いため警察は積極的には動きませんが、万が一事件・事故に巻き込ませた際には知ることが出来るので届け出たほうが良いです。

届出先

自宅から一番近い警察署で構いません。ほとんどの警察署では、生活安全課が担当しています。

・保護者や家族の住んでいるところを管轄する警察署
・家出人が住んでいたところを管轄する警察署
・家出人が行方不明になった場所を管轄する警察署
の他にも、交番や駐在所にも出すことは可能です。

提出書類

・家出人の写真(顔のアップ)
・届出人の印鑑・身分証明書

家出人の情報

捜索願には、家出人の特徴などを書く必要があります。
 ・ 家出人の氏名
 ・ 生年月日
 ・ 本籍
 ・ 家出(失踪)時の住所
 ・ 職業
 ・ 家出(失踪)時の年月日
 ・ 人相(ほくろ等の特徴)
 ・ 体格(身長他、身体的特徴)
 ・ 家出(失踪)時の着衣
 ・ 車・オートバイ使用の場合、車種と登録ナンバー

公開・非公開とは

基本的には一般家出人が非公開、特異家出人が公開扱いになります。


家出人捜索願・失踪宣告へ戻る。

行方不明・家出・失踪トップへ戻る。