■失踪宣告について


生死が長期間明らかにならない者を、法的に死亡認定し財産などの売買処理を可能にします。
失踪宣告の確定は2種類あります。

普通失踪
生存を確認できた最後のときから、7年間生死不明である場合

特別(危難)失踪
戦地に臨んだ者・沈没した船舶に乗船していた者など、危難に遭遇し1年間生死が分からない場合。

申し立て

居住地を管轄する家庭裁判所にて、失踪宣告の申し立てをします。
申し立てできる人は、配偶者や法的相続人に限られます。

公示
申立人が、居住地を管轄する家庭裁判所に失踪宣告の申し立てをすると、裁判所はそのことを公示催告します。
公示は裁判所の掲示板と官報でされます。


家出人捜索願・失踪宣告へ戻る。

行方不明・家出・失踪トップへ戻る。