■行方調査とは?


人を探す場合、大きく分けて2種類あります。

失踪・家出人調査
居場所を隠し、人知れず逃げている人を探す調査です。

例)・交際相手が突然音信不通になってしまった。
  ・お金を貸した相手と連絡が取れなくなった。
  ・娘が家出をした。
  ・別居中の妻が居場所を教えてくれない。

*見つけやすくなる情報*
失踪者のお写真、氏名、生年月日、借入金の有無、付き合いのある友人や知人の連絡先、交際している異性、良く行く飲食店等の店舗、本人の預金通帳(出金履歴)、ご本人のクレジットカード、運転免許証の有無、移動手段(車又はオートバイ)、失踪時に持出した物

全てが分らなくとも結構です。
 持っている情報で探せるか不安なかたは、ご相談ください。


所在確認調査
逃げているわけではないが、いつのまにか連絡が取れなくなっていた相手を探す調査です。

例)・疎遠になっている親類・縁者に連絡をとりたい。
  ・生き別れになってしまった、親・兄弟に会いたい。
  ・ある人の電話番号は知っているが住所が分らない。

*見つけやすくなる情報*
当時の電話番号(携帯電話番号)、氏名、生年月日、ご実家の住所、過去お住まいになっていた住所、 4輪自動車又はオートバイの登録ナンバー、出身学校、在職のお勤め先又は以前のお勤め先、等々

情報量より情報の質が大切です。
年月が経つにつれて情報が古くなり、見つけ出す可能性が低くなってしまいます。


行方不明・家出トップへ戻る。