■お金を貸している人を探したい


「友人にお金を貸したら連絡が取れなくなった。」
「知り合いにお金を貸したが住所を教えてもらえず、逃げられるのではと心配。」

などとお悩みではないですか?

携帯が繋がらないだけでもお金が本当に戻ってくるかどうか判らず心配でしょう。

ガルエージェンシーでは全国180のネットワークにより、対象者の行方を追いかけ、調査します。

現在は連絡が取れていても、そのうち急に職場を辞めてしまったり、携帯電話を解約してしまったり。

また中には聞いていた氏名も住所も全て嘘だったという悪質なケースもあります。

銭を貸すときは身分を証明するもの(免許証や保険証)のコピーをもらうくらい当然のことです。

また事前に両親の住所や勤務先などを確認しておく事も場合によっては必要です。

よく名刺があるからと信用してしまう方がいますが、名刺は勝手に作れてしまうものです。

企業名や肩書きなど、怪しいと思ったらIDカードや免許証で確認するのがよろしいでしょう。

お金を貸すプロである金融機関や消費者金融でさえも、借主が逃げないようコントロールすることは出来ないのです。

万一に備えておく事が望まれます。

また結婚詐欺師のように、初めから悪意があり、最終的に連絡が取れなくなってしまう場合、金銭面だけでなく精神面でも大変なダメージを受けてしまうことも少なくありません。

男女問わず、心身ともに立ち直れないケースも見受けられます。

また最近は出会い系サイトで知り合い、肉体関係を簡単に持ち、しばらく付き合ってからある日突然連絡が途絶えるという例も頻繁に起きています。

また独身だと聞いていたけれど調査してみると妻子がいたという例もよくあります。


種類別探し方へ戻る。

行方不明・家出・失踪トップへ戻る。